アエロタクトブログあ

アエロタクトブログ

パラグライダーの最新情報

10月20日 GINGLIDERS Camino Impression  JMB立山パラグライダースクール


やっと移動性の高気圧が日本海に入ってきてくれました。
こんな、北風ベースの時は立山エリアが最高のコンディションに恵まれます。
そして今日は、GINGLIDERSのEN/C 軽量グライダー Caminoのフライトレポートを予定しました。
朝から気温減率がとても良い(ちょっと良すぎるような)コンディションで、たっぷりサーマルソアリングが楽しめそうでしたが意外と雲底が低く、午前中はお休みモード。それでも午後には一気に1700mまで押し上げてくるサーマルに巡り合い、カミノの良さを再確認できました。
GINGLIDERS CAMINO フライトレポート動画No1をお楽しみくださいませ。


10月17日18日 Aerotact-Airheart Performance Camp TONAMINO(となみのパラグライダースクール)

眼下に広がる砺波の散居村


NANTO市となみ野テイクオフ


アエロタクト-エアハート パフォーマンスキャンプ となみ野は富山平野の散居村を眼下に望みながらグランドサーマルを楽しむイベントとして開催。日曜日は最高の天気に恵まれ、真っ白になった剣、立山、薬師、乗鞍、白山、そして、富山湾、能登半島、河北潟等、360度のパノラマを楽しめました。

フライトの様子はいつものように、Flymaster Livetracking Past events で伺えます。
Jog Suttleでカーソルを10月18日13時頃まで動かすことで タスクのPlay Backをお楽しみください。

Jog suttleの青いポイントを左右に動かすと日時が選べます


参加者をクリックすると飛行データーが表示されます。


飛行データー下にある鉛筆マークをクリックするとトラックログが現れます。


普段山でしか飛んでいない、立山からご参加の皆様も、となみ野のグランドサーマルを堪能されたようです。
ご参加の皆様、となみ野パラグライダースクールの皆様、ご協力ありがとうございました。
10月24日25日は、京都府亀岡市のバーズパラグライダースクールでAerotact-Airheart Performance Camp Birdsを実施予定です。
このイベントはFlymasterウエブサイトのLive Groupsに登録してありますので、ライブトラッキングをぜひお楽しみくださいませ。


JMB立山パラグライダースクール ION6ライトでのアプローチ

ION6ライトでファイナルターン


今日は朝一番で、関沢校長にNOVAリバーシブルハーネスのITUSとION6ライトのパッケージでハイク&フライを試してもらいました。
・重量は11㎏でハイクアップには適度な重さ。
・リバーシブルハーネスのITUSをリュックサックにして背負った感じは、担ぎやすく歩きやすい。(関沢さんは高校の山岳部でインターハイに行っているので、その辺は間違いなし)
・軽快なハンドリングでソアリングが容易。
との評価いただきました。

私も午後ハイク&フライでION6ライトのライズアップとアプローチのテスト。
ほぼ無風のテイクオフで、ライザーを持たないでライズアップを試みましたが全く問題なし。
マジで下手にライザーを握らない方が良い感じですよ。
(ION6ライトのライズアップ時のライザーの握り方に関しては追ってお知らせします)

ION6ライトXSのハーフブレークは、ブレークコードグリップのスイベルがアクセレーター用のプーリー(下)の位置になるところです。
ハーフスピード(低速)を使うと、ランディングアプローチでの高度処理がとても楽ですので是非お試しください。


ION 6 ライト 試乗2日目 ブレークトラベルテスト


10月最初の日曜日は、浜名湖パラグライダースクールで、ION6ライトXS サイズの ブレークトラベルのチェックをやらせていただきました


ION6ライトXSのブレークコードの遊びは約10㎝です。
マニュアルによると、XSサイズの失速速度までのブレークコードの引く長さは62㎝ですので
ブレークコードのプーリーの位置から62㎝+10㎝=72㎝引いたところが、失速速度の位置です。
詳しくは動画をご覧くださいませ。




サーマルソアリングの時のブレーク操作は、渋いときは旋回内側のブレークを1/4程度で、外側はほぼ開放で旋回を続けると、ION6ライトはサーマルをサーチするように飛んでくれます。
小さくタイトに回るときは、ウエイトシフトを内側に寄せておいて、内側のブレークを3/8~1/2で操作、外側のブレークを1/4~3/8で操作し、バンクを維持すると、とても小さな旋回半径ですが、さほどバンクがかかりすぎないセンターリングでサーマルを外すことなく回れます。
ぜひ、素晴らしい旋回特性をお試しくださいませ。


NOVA ION6 Light ファーストインプレッション


「飛ばない理由が見つからない」の、ION6ライトXSサイズが日本に届きました。
試乗初日は、渋々コンディションのウイングキッス朝霧。
試乗したファーストインプレッションは、良くサーマルを探してくれる翼に加え、これまでにないフラットで小回りの利く旋回特性で、サーマルから外れることがないという、驚きのパフォーマンスでした。

まずは、この日のファーストインプレッションをご覧くださいませ。